新型コロナと闘うドクター
小松裕(こまつ ゆたか)の公式サイト。

小松ゆたかの決意

私の志す政治家の姿、そして目指す形は国民・県民・市民の皆様と共に手を取り歩むことです。この日本を、長野県を、この肩・背中に背負い、一歩ずつ前を見つめて着実に進んでゆくんだ!の思いを胸に、この度の闘いに挑戦する覚悟を決めました。

一昨年の参議院選挙に挑戦をし、無念の思いにかられていた3ヶ月後、長野県は「台風19号」による大きな災害に襲われました。私は被災地を何度も訪れ、ボランティアで泥かきの作業をし、医師として避難所での健康相談などを行いました。実際に被災された皆様がどんな思いをされているのか、どれだけ不安な日々を過ごしているのか、ある意味、落選したからこそできる貴重な経験もさせていただきました。同時に「政治が命と暮らしを守れる」ということを実感し、政治の場にいることができなかった事を心より申し訳なく、さらに無念さも強く感じた次第です。

台風からの復興もままならぬ中、今度は世界中を「新型コロナウイルス」が猛威を振るい、私たちの生活を一変させています。一人の医師として、正しくわかりやすい医学情報を発信し、PCRセンターの立ち上げや、実際のPCR検査の実施なども行ってきました。新型コロナから命を守り、暮らしや経済も守らなければいけない。なにより、一日も早く新型コロナを終息させなければ全てが始まりません。こうした時だからこそ、政治と医療を繋ぐ役割を、医師である私が担わなければいけない。改めて私が政治を志した原点を思い起こさせてくれました。

私は故郷の信州大学医学部を卒業後、内科医として大学病院などで勤務をしてきました。毎日訪れる患者さんたちを診療し、医学の進歩のため研究に没頭し、また後進の学生や若い医師たちの教育に携わる日々を送ってきました。

その様な中、地方での医師不足が社会問題となり、その根本的な解決のためには政治の力が必要であることを強く感じたのです。目の前の患者さんたちを一生懸命診療する、病気の原因を解明し、新しい診療法を確立していく、もちろんこれらは大変やりがいのある、大切な仕事でした。しかし、誰もが健康で、幸福に暮らすためには、その医療を支える仕組みがとても大事だ、政治が、もっとたくさんの命を救うことができる、それこそが私が政治を志した原点です。落選後の様々な出来事は、改めて自分の政治の原点をよみがえらせてくれました。

「政治が命と暮らし、地域経済を守る!」。新型コロナと闘い、終息させなければいけない今だからこそ、私は再び挑戦します。皆さまの大切な命と暮らし、雇用や地域経済を守り抜くために、全力で闘い抜く覚悟です。

我々が今、向き合わなければならない敵、それは「新型コロナウイルス」です。

「政治こそが、たくさんの命を救うことができる!」。

我々は、この未曾有の厳しい現実に向き合い、命と暮らし、地域経済、そして、次の信州の新しい時代と子どもたち、孫たちのために闘わなければなりません!

古き体質やしがらみにとらわれていてはそれを成し得るとは思いません。まさに今、現実を見据えた取り組みを行わなければなりません。それをどうかこの小松ゆたかにお任せいただきたい。

医師として人の命を救いたい!そう志した若き日の思いを胸に、自分自身の『意志と信念』を持って「政治こそが、たくさんの命を救うことができる!」を心に深く刻み再び挑戦致します。

今回の戦いにおいて保守の火を必ずや奪還し、より良き信州、日本の未来の為、この郷土で安心して暮らしたいと願う県民の皆さまのため、自分が生まれ育った信州、長野県のためにご恩返しがしたい、日本のために汗を流したいと思っています。そして、県民の皆さまお一人お一人が輝く社会の実現に向け、全力を尽くす覚悟です。

令和3年2月吉日
小松 ゆたか