投稿者「komatsuyutaka」のアーカイブ

本日会見を行い決意表明しました

 私の決意

 まずは、昨年末、急逝されました羽田雄一郎先生に、心より哀悼の意を表したいと思います。

 羽田雄一郎先生とは、一昨年の夏、長野県の一議席をかけて正々堂々と戦い、ご承知のように敗れました。もともと、羽田先生とは衆議院初当選以来、党派を超えてご指導いただき、長野県の将来についても熱く語り合った仲です。そして、その仲を取り持ってくださったのが、今は亡き吉田博美先生です。2人区時代、毎回一緒に戦う相手でありながら、羽田先生に「小松をよろしく頼む」と初当選後にお話しいただいたのです。前回も「小松を後継に」とご指名いただきながら、その役割を自分が果たすことができず、その3ヶ月後にお亡くなりになった吉田博美先生、そして、今、世界で最も大きな脅威である新型コロナで急逝された羽田雄一郎先生、私はお二人の思いを胸に、この度の闘いに挑戦する覚悟を決めました。

 一昨年の選挙の3ヶ月後、長野県は「台風19号」による大きな災害に襲われました。私は被災地を何度も訪れ、ボランティアで泥かきの作業をし、医師として避難所での健康相談などを行いました。実際に被災された皆様がどんな思いをされているのか、どんな苦しい思いをしているのか、ある意味、落選したからこそできる貴重な経験もさせていただきました。同時に「政治が命と暮らしを守れる」ということを実感し、政治の場にいることができなかった申し訳なさも強く感じた次第です。

 台風からの復興もままならぬ中、今度は世界中を「新型コロナウイルス」が猛威を振るい、私たちの生活を一変させています。一人の医師として、正しくわかりやすい医学情報を発信し、PCRセンターの立ち上げや、実際のPCR検査の実施なども行ってきました。新型コロナから命を守り、暮らしや経済も守らなければいけない。なにより、一日も早く新型コロナを終息させなければ全てが始まりません。こうした時だからこそ、政治と医療を繋ぐ役割を、医師である私が担わなければいけない。改めて私が政治を志した原点を思い起こさせてくれました。

 私は故郷の信州大学医学部を卒業後、内科医として大学病院などで勤務をしてきました。毎日訪れる患者さんたちを診療し、医学の進歩のため研究に没頭し、また後進の学生や若い医師たちの教育に携わる日々を送ってきました。

 その様な中、地方での医師不足が社会問題となり、その根本的な解決のためには政治の力が必要であることを強く感じたのです。目の前の患者さんたちを一生懸命診療する、病気の原因を解明し、新しい診療法を確立していく、もちろんこれらは大変やりがいのある、大切な仕事でした。しかし、誰もが健康で、幸福に暮らすためには、その医療を支える仕組みがとても大事だ、政治が、もっとたくさんの命を救うことができる、それこそが私が政治を志した原点です。落選後の様々な出来事は、改めて自分の政治の原点をよみがえらせてくれました。

 「政治が命と暮らし、地域経済を守る!」。新型コロナと闘い、終息させなければいけない今だからこそ、私は再び挑戦します。皆さまの大切な命と暮らし、雇用や地域経済を守り抜くために、全力で闘い抜く覚悟です。

 我々が今、向き合わなければならない敵、それは「新型コロナウイルス」です。

 「政治こそが、たくさんの命を救うことができる!」。

 私は政治家としての「信念」、そして医師としての「使命」を今ほど時感じたことはありません。

 我々は、この未曾有の厳しい現実に向き合い、命と暮らし、地域経済、そして、次の信州の新しい時代と子どもたち、孫たちのために闘わなければなりません!

 亡き吉田博美先生のためにも、保守の議席を必ず奪還し、より良き信州、日本の未来の為、この郷土で安心して暮らしたいと願う県民の皆さまのため、私は、自分が生まれ育った信州、長野県のためにご恩返しがしたい、日本のために汗を流したいと思っています。そして、県民の皆さまお一人お一人が輝く社会の実現に向け、全力を尽くす覚悟です。

 どうか、県民の皆さまのあたたかいご理解、そして熱いご声援を、心よりお願い申し上げ、私のご挨拶とさせていただきます。

令和3年2月1日

小松 ゆたか

IOCバッハ会長が来日、来年の東京オリパラの開催と新型コロナについてABEMA TVに出演しました

ABEMA TVで、来年の東京オリパラ開催と新型コロナ対策など、選手たちの思いも込めて出演しました。無料でアーカイブが見れますので、ぜひご覧ください。

IOCバッハ会長は来日で"開催に決意?"5大会でオリンピックドクターを務めた医師「無観客では意味がない」東京五輪を開催するために"できること"は? #ABEMA で無料配信中
https://gxyt4.app.goo.gl/PcCB7

橋本聖子オリンピックパラリンピック担当大臣が来長します

2月29日に予定し、新型コロナ感染拡大のために延期していた「小松ゆたかを励ます会」を10月31日(土)午後6時よりメルパルク長野で開催します。菅内閣で再びオリパラ担当大臣として再任された橋本大臣に、来年に延期された東京オリンピックパラリンピック開催に向けた思い、スポーツの力や女性活躍のための政策をお聞きします。会費は10000円、当日受け付けも可能です、ぜひお越しください。お問い合わせは事務局(026-217-2160)まで。

「長野元気復活総力祭」ゴスペラーズからもメッセージ動画をいただきました

「勇気をもって一歩前に踏み出す」この思いに賛同いただき、ゴスペラーズのみんなからもビデオメッセージをいただきました。同時に私が監修したヒット曲「ひとり」の替え歌「手を洗おう」も連日披露しました。今回のイベントでは、主催者側として最強の感染防止対策を施しましたが、一番大事なのは、一人一人が感染防御のための「意識」を持つことです。特に、手洗いを意識して新型コロナに打ち克ちましょう。

ゴスペラーズの手洗いソング「手を洗おう」もぜひご覧ください。

台風19号からもう一年です。アントニオ猪木さん、蝶野正洋さんにも元気をいただきました。

長野元気復活総力祭二日目、アントニオ猪木さんに登壇いただき、前田日明さん、藤波辰爾さんとの豪華トークショー。「元気があれば何でもできる」この言葉が今ほど心に沁みるときはありません。台風19号から1年、そして新型コロナ。何とか「元気」のために一歩踏み出そう、と批判も覚悟で受けた実行委員長でしたが、グレート無茶の熱い思いに心打たれました。医学的には万全な対策が取れたと思います。来ていただいたみなさん、出演者の皆さん、ボランティアで支えてくださった皆さん、本当に感謝です。

三日目には蝶野正洋さんと昨年の台風19号の時に半鐘を鳴らし続けた長野市長沼消防団の飯島基弘さんを交えたトークショー、消防団の役割や日本の消防団の価値を高めることなど、大変意義ある時間でした。地域の命を守るために日々活動してくれている消防団の皆さん。世界中で日本にしかない組織です。日本中がもっと消防団の大切さ、ありがたさを知っていただくよう、私も活動を続けます。

「長野元気復活総力祭」実行委員長として一歩踏みだしました。

9月19日-22日、長野ビッグハットにて長野元気復活総力祭が開催されました。私も実行委員長として、新型コロナ対策を万全にしたうえで、各種イベントの再開に向けての大きな一歩を踏み出すことができました。自粛が続いているイベントですが、これからは経済を停滞させないためにも、きちんとした感染防御対策を取りながら、かつての日常を取り戻していかなければなりません。今回のイベントでは、ビッグハット内に診療所を開設し、マスクなしでステージに上がる出演者全員に、2週間の健康記録をもとにした診察と抗原検査を行いました。また、入場者を県内在住の人に絞り、名簿を作成し万が一に備えました。入場時の検温は当然のこと、アルコールによる消毒に関しては、入場時だけでなく退場時や休憩時にも行いました。この退場時や途中でのアルコール消毒は極めて大事です。スーパーや飲食店でも、入る時にはみなアルコールを手に吹き付けますが、出るときにアルコール消毒をする人が少ないです。お店で多くに人と接する、お金も触る。感染を広めないためには出るときにも手洗い、アルコール消毒です。また、長い宴会の時には、途中みんなで手を洗ったりアルコール消毒を行う「消毒タイム」を設けるのもいいでしょう。こんなことも、これから根付かせていきたいと思います。

会場を出るときに多くの方から「来てよかったです」と声をかけていただきました。同時に、「家族には内緒で来ました」「会社には内緒で来ました」とおっしゃった方が何人もいました。みんな「新型コロナの感染よりも、他人の目のほうが怖いのだな」と感じました。そして、この未知のウイルスに対して多くの不安を持っているのです。命を脅かす不安、いつ収束するかかわからない不安、移され人に移すかもしれない不安、これらがすべてを萎縮させています。不安を取ることこそまさに医学や政治の役割です。ワクチン開発など医学の進歩を加速させ、長引く経済への影響を最小限に抑えるべく政治が働く。医学と政治、両方を経験しているものとしての私の役割がそこにあります。

このイベントを支えてくれたみなさん、勇気をもって来てくれたみなさん、出演してくれたみなさん。本当にありがとうございました。なお、イベントの様子、出演者からのコメントなどは、私のYouTubeチャンネル「ゆたチャン」ご覧ください。

ゴスペラーズ「ひとり」の替え歌「手を洗おう」を監修しました

20年以上前から親交のあった歌手ゴスペラーズのリーダー村上さんから「自分たちに何かできないか」と連絡があり、ヒット曲「ひとり」の替え歌「手を洗おう」を監修しました。

流水で15秒洗うだけでウイルスは100分の一に、10秒石鹸でそのあと15秒流水で10000分の一に。必死に頑張ってくれている生活の維持に欠かすことのできないエッセンシャルワーカーの方への感謝の気持ちも込めて、感動する替え歌、ぜひお聞きください。

http://www.sonymusic.co.jp/artist/Gospellers/info/518082

こちらも

YouTubeチャンネル「ゆたちゃん」を開設しました

新型コロナウイルスに関する様々な情報、時として不安を煽るような報道が日々繰り返される中で、我々がやるべきことは「新型コロナに打ち勝つために、一人一人が自分でできることをしっかりやる」ことです。

私にできることは何か、医学的に正しい情報を多くの方に知っていただこう。その思いで、YouTubeチャンネル「ゆたチャン」を開設しました。週3回を目標に更新しながら、健康、医学、スポーツなど身近な話題を動画で伝えていきます。

わかりやすい新型コロナウイルス解説も盛りだくさん。新型コロナによる自粛生活の中で、体調を保つためのコツなども紹介しています。ぜひご覧いただき、チャンネル登録していただければと思います。
https://www.youtube.com/channel/UCvJRW9_yMqCVXB6AvRbaAMQ

一人一人ができることをしっかりやる。そして、自分が感染しないだけでなく、人に感染させない、これは社会のためです。

しかし、これだけ言われていても、手を洗わない方が多いことに気が付きました。よく観察すると男性が手洗いの習慣がないように思います。ウイルスは手を介して、人→物→人と広がります。自分のためだけでなく社会のために手洗いの習慣を身につけましょう。世界には、手を洗う水さえない国だってあるのですから、感謝しながら。

新型コロナと闘う!

 令和という新しい時代がスタートして1年経ちました。昨年の今頃は県内各地を走り回っていました。その一年後に日本が、また世界がこのような状況になるとは、全く想像できませんでした。新型コロナウイルスという見えない相手との闘い、命を守る、みんなの暮らしを守る、というまさしく政治が果たすべき役割を今ためされています。

 私自身が政治を志した原点「命を守るためには政治の力が必要だ」その思いもあらためて実感しています。緊急事態宣言が出され、自粛生活も長くなってきました。経済への打撃も大変大きく、特に台風、暖冬、新型コロナと続き、毎年多くの人を迎え入れたゴールデンウイークがなくなった長野県にとっては深刻です。先行きが見えないことに皆が不安を感じています。

 誰もが経験したことのない、まだわからないことだらけの新型コロナウイルスに対して、まず敵を知り、迅速な診断、治療法、さらには感染を予防するためのワクチンの開発、これらを早急に確立しなければいけません。同時に、すでに相当打撃を受けている経済、何とか耐えしのげる支援を直ちに行わなければいけません。日々の暮らし、子供たちの教育、医療や介護の現場、いま必死に頑張っているすべての人たちが、希望の光を実感できるようにしなければいけません。命が大事か経済が大事かといった事ではないのです。感染拡大を防ぎながら経済や人々の暮らしを守る、すべての英知を結集し、速やかな政治的な決断が必要です。

 自民党では4月に入り「新型コロナウイルス対策医療系議員団本部」を設置し、医療現場の経験を政治につなげる役割を担っています。私もその一員として週二回のテレビ会議に出席し、情報を逐次把握し、医学的な助言も行っています。様々な情報、時として不安をあおるような医学情報が氾濫する中で、正しい医学的情報を把握し、それを政策に結び付ける、また政策の医学的根拠を国民にわかりやすく広報する、大事な役割です。私もいま自分にできること全てに取り組んでいきます。

 4月の初旬、東京の日赤医療センターの院長より「このままでは確実に医療崩壊が起きる。何とかしてほしい、一度現場を見てくれ」と連絡があり、新型コロナと闘う医療の現場にお伺いし課題を聞きました。感染拡大により、防御着やマスクなどの不足、救急受け入れや新型コロナ以外の患者さんの診療や手術にも影響が及んでいる状況、医療の現場を支える緊急性を実感し、感染を収束させなければいずれ長野県も同じことが起きる、と直感しました。
国の情報を把握しながら、長野県医師会とも連携を取って、検査センター設置など県の取り組みを支援していきます。

「小松ゆたかを励ます会」延期のお知らせ

2月29日(土)に橋本聖子オリパラ担当大臣をお招きして「小松ゆたかを励ます会」を予定しておりましたが、新型コロナウイルス拡散を防ぐため、延期といたします。
すでに500人近い方にお申し込みをいただいている中、残念ですが、感染を終息させ、安心してご参加いただける環境を作るべく私も努力してまいります。
直前の延期の決定、お許しください。